ビジネスを前に推し進めるための心構え

最近は、eBayの実践記を書いているわけですが、私自身は別にeBayに限らず何でも稼げると思ってますし、実際に収益をあげている方法は多数あります。気が向けば別の実践記も書いてもいいかなと思ってます。

前に書いた通り、このブログを書いてる目的が、人生には選択肢が割と沢山あるんだよということに気づいてもらいたいからです。

今日は、ビジネスを推し進めるに当たって根本的な原理原則というものが明確にあって、それを実践してるから結果がでるというお話をしたいと思います。

せっかく取り組むのであれば、ただ何となくやるのでは、勿体無いですからね。ビジネスの根底にある原理原則を体感し、会得してもらいたいという思いもあります。

こういうと、なんだか私なんかが、偉そうと言われてしまうかもしれません。でも、実際にそうしたものは明確にありますし沢山のことを考えて行動する人と、一つのことしか考えないで行動する人とでは同じ作業量を積んでもはるかに得られる経験が変わってきます。

ビジネスで大きく成果を継続的にあげ続けている人は、本や経験や他の人の情報発信を通じてそうした原理原則に触れて、それが確かにそうだなという実感を得ているものです。

もちろん、大企業の経営者のようにビジョンや使命感を元に大人数の人を率いるリーダー論みたいな話とは全然別です。極めて小規模な個人でビジネスする場合でも通じる話を今日はしようと思います。

目標を高く持ち妥協と諦めをしない

目標を高く持つということは、常にどうやったらそれが達成できるのだろう?と考えることに繋がります。

私も「月収100万円」副業で稼げたらいいなと漠然と思っていた時は、そこまで真剣に考えていませんでした。

が、一度月収100万円を稼ぐと決めて、そこからさらに収益をUPさせようと真剣になったことで4ヶ月程度で副業で月収500万円を突破しました。大事なことは、今の自分ではできると思えないことでも、目標を高く掲げることです。そしてそれと合わせて、必ずそれができる方法があると信じてトライアンドエラーを繰り返すことです。

そして、目標を掲げたら、自分の頭の中に、明確な回答が全てあるなんて絶対に思わないようにしましょう。

また不安や悩みで意思決定をするのもやめましょう。大抵の不安は漠然としたもので、大半は確証がないもので、起こるか起こらないかわからないものであり、かつ、自分ではコントロールできないものの場合が多いです。

自分でコントロールできないものに悩んでいても、時間が勿体無いだけです。大切なことはまずやってみることです。やってみて不安が的中することもあると思います。そしたら、またそこから試行錯誤して実践を重ねることです。行動を重ねていくと不安と付き合ってる暇が無くなります。気づいたらある程度の結果は絶対に付いてくるものです。

何故なら、すでに沢山の人が成果を出している市場で後追いをしているわけですから、結果が出ないわけないんですね。

悩んでいる人に私がよくいうのは、どうせ悩むなら、「どうして?」ではなくて「どうやって?」にしようよ。ということです。

自分なりの基準でやっていても、物事はうまくいきません。常に基準はその業界でトップの人と同じ基準を持つようにしましょう。いきなりそれは遠いなと感じるのであれば、自分が達成したい水準の結果を出している人たちの行動を真似してみることです。

リスクや失敗を恐れず実行し続ける

私はリスクとは、「望まない結果が起きること」と定義してます。よくリスクばかり見て行動ができなくなる人は、できない理由をひたすら考えるから怖くなって行動できなくなるのです。これは思考停止です。そうではなくて、大抵のリスクは正確に見積もることができると理解しましょう。

紙に実際のリスク=望まない結果が起きるケースを書き出してみると、はっきりと見えてくると思います。

そしてリスクを計算する場合には、「やる場合のリスク」と「やらない場合のリスク」を天秤にかけて考えるのです。そして、「顕在化した時に致命的なダメージを受けるリスク」と「大きくメリットの取れないリスク」は取らないように気をつけてください。

例えばで考えて見ましょう。サラリーマンの場合、「副業で新しいビジネスに取り組む際のリスク」を計算するということは、どういうことでしょうか?

(1)やる場合、どういった望まないことが起き得ますか?

→会社帰り一杯を飲む時間がなくなる。趣味の時間がへる。

せいぜい時間がないとか、めんど臭いとかそうした手間がかかる部分が、「自分の望まないこと」のケースの大半ではないでしょうか?

(2)やらない場合、何を得ることができなくなりますか?

→月収100万円以上を稼ぐことができず、時間的・経済的自由を手に入れられない、自己成長の機会をなくす

先ほどのやる場合におこる「自分が望まないこと」とこちらのケースと天秤にかけた時にどちらを選択した方が長期的に望んだ自分になれるかは明確ですよね。

実践した場合に、顕在化した時に致命的なリスクや、大きくメリットの取れないリスクはありますでしょうか?

殆どの副業で致命的なダメージ(破産や命に関わるダメージ)を受けることはありません。そして今お金に困っているならやらない方が圧倒的なリスクになります。私もサラリーマン10年近くやってるので月収100万のありがたさは身に染みてわかってます。

つまり、実践して何も問題ないわけですから、「副業で新しいビジネスに取り組む際のリスク」は実質質的にないということになります。特に今、何か熱中しているものがあるわけでもないなら、やらないのはただの大きなデメリットにしかならないんですね。

安定した生活を望む気持ちはよくわかりますが、実際のところ、今の日本にそんな余裕は一ミリもありません。常に前進しない限りは後退して行くのだという正しい危機感を持っておいてください。

逆に前進し続けるとある一定レベルを超えると生きていくことがひたすら楽しくなりますし、大きく成長できることが喜びに繋がるように必ずなります。そして、経済的な不安からは確実に脱出できます。

ひたすら学びに貪欲になる

これで大事な観点は、もっともっと上に行く方法は必ずあると信じることです。言い方を変えれば「自分はできてる」と思わないようにするということです。何故なら、当たり前すぎて忘れてしまいがちですが、「上には上がいます」。そして、自分程度がこれからやることは全てすでに実践して結果を出した人が必ずいるのです。

世界基準で考えれば言わずもがな。自分が発想もしないような素晴らしい方法で結果を出している人は必ずいます。

これを言葉に置き換えると、

「ひょっとしたら今自分がやっている方法以上にいい方法があるのではないか」

「自分が今やっていることを飛躍的に進化させる方法がどこかにあるのではないか」

とぜひ、意識して見てほしいのです。ありますから。

そして、自分で考えてみるだけではなく、自分がやろうとしていることは必ずどこかの誰かや会社がやっているわけですから、そういった人たちと話したり、そういった人たちが書いた本を読んだり、実際に見にいって使って見たりすることが大切になります。

そして、実際にどういったことを考えて、何をしてきたのかを徹底的に調べるのです。そうするとそうした人たちは何を考えてそれを実践したのかがわかるので、非常に参考になります。

直接聞きたい場合も、コンタクトを取る方法は多々あります。
「自分はこういうことを考えていて、こういうことをやりたいのですが、そちらはどうでしょうか。よければ情報交換しませんか?」と問いかけてみるのです。

但し、根本的な話ですが、自分に相手に与えられるものがないと相手が話に乗ってきてくれません。相手が反対に自分に聴けるものをどれだけ蓄積できるかという視点も非常に大切です。結局は本質的な情報を手に入れるためには自分に力をつけることが一番の近道になります。

非常に良質な情報を持っている人と会った時に、しっかりと対話できる力を自分に身につけておくことが大切です。そして、相手からもあいつは力になってもらえる存在だと思ってもらえるように実力をつけること。GIVEを沢山重ねること。地道に見えますが、これが本物の情報を得るためには一番大切なことだと思ってます。

とはいえ、副業で稼ぐ程度の知識については、頑張って実践していれば絶対に引き上げてくれる人は見つかりますし、応援してくれる人も沢山います。私の周りでもそうした人は多いです。ですのでビジネスを始めた初期は素直に実践して、先輩に可愛がられる力や能力があれば自然と結果を出すことができると思います。

大事なのは、学びに貪欲に、チャレンジすることですね。

ありきたりだぜーって思うかもしれません。でも、今の現状に満足できてないということは振り返ってみればこうしたことが出来てないから、そういう状況になってるわけです。ぜひ、貪欲に学び仕事を通じて実績を作りしっかりとした実力をつけてもらいたいと思います。

長い人生の中で早ければ半年で月収100万以上稼げるようになるわけですから、努力して損なんて一ミリもないんです。というかそこからさらに思考を飛躍させれば自動で数百万稼ぐなんてことも全然可能なのです。

是非、そうした考え方も受け入れて頑張ってもらう人がもっと増えたらいいなーと思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*